医療レーザー脱毛をすると、毛が発熱して毛根が処理され、何回も繰り返すごとに、一般的には永久脱毛状態に近づいていきます。

レーザーを照射した直後には、時に肌が赤くなることもありますし、毛根が赤くなり、肌一面に赤い斑点が散らばったような状態になることもあります。

医療レーザーは経過を見ることがとても重要

次第に色が薄くなり、その2日後くらいには消えるケースもあります。医療レーザー脱毛では、経過観察が大事です。

医療機関で扱えるレーザー装置では、高い出力が出せるため、毛根処理能力も高いのですが、威力が強い分、時には肌にダメージを受けることもあります。

そのため、初回は出力を弱めにしてレーザー照射することが多いです。肌にダメージがなく、2週間しても抜け落ちる毛が少なかった場合は、次回の照射時に、レーザーの出力を上げることになります。

出力が強いのでどうしても火傷の可能性があります

肌や毛根の感受性は、人によって異なるもので、肌の白さだけでレーザー出力の強さが決まるわけでもありません。 医療レーザー脱毛は医療行為であり、やけどの可能性がつきまといます。

初めてレーザー照射を受けて、肌がどうなるかは気をつけて見ていく必要があります。毛だけにレーザー照射できればいいのですが、現実問題としてそれは無理です。

永久脱毛状態にするために、肌には仕方なく当てているわけで、肌にダメージを与えず、毛根を効果的に処理できる出力の度合いを、早く見極めてもらえるようにすることが大事です。

サロンで膝の脱毛をする

膝のムダ毛にまつわる悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。膝は関節なので曲げ伸ばしをしたり床についたりすることが多い箇所です。

外的な刺激を受けやすい箇所であるため、角質が硬くなりやすく色素沈着による黒ずみが生じやすい箇所でもあります。

そんな膝に剃ったり抜いたりなどのムダ毛の自己処理を行えばさらに肌へのダメージを加えてしまうことになります。そこでおすすめなのがサロンでの脱毛です。

膝に乾燥や角質があると脱毛効果が出にくい

サロンでの脱毛において主流の施術といえばフラッシュ脱毛です。痛みや熱さがほとんどなく簡単かつスピーディーな施術です。

低刺激で肌へのダメージも少ないので肌が弱い人でも安心して施術を受けることができます。しかし、全身の中でも膝は脱毛効果が出にくいという特徴があります。

その理由としては、肌の乾燥、色素沈着を引き起こしていることが多い、角質が硬くなっているなどがあります。ですので、効果を高めるためにも日頃から積極的な保湿ケアに努めることが重要になります。

クリームやローションでしっかりと肌にうるおいをチャージして角質を柔らかくし、効果が出やすい健やかな肌環境を保つということを心がけましょう。

低刺激で肌へのダメージも少ない!小倉にある脱毛サロンを見る

より、脱毛効果を高めるには自宅ケアも積極的に行う!

角質が硬くなっている場合は尿素が配合されているクリームでケアをするのがおすすめです。なるべく高濃度で尿素が配合されいてるものを選んで積極的なケアに努めましょう。

保湿ケアをして肌が柔らかくなれば埋もれ毛の予防にもつながります。

ミュゼでの施術を受けた後

ミュゼでの脱毛の施術を受けた後、控えるべきことがあります。素肌がとても弱くなっているので、直後のムダ毛への自己処理は、控えるのも大切なことです。

カミソリの刃を肌に当てるのは、しばらくの間はお休みをします。しばらくは自分でのムダ毛の処理をしないでおくことで、光の照射によって反応をした毛は、スルスルと抜け落ちてきます。

脱毛中の毛抜きを使った処理は毛周期を乱すので厳禁

この時に毛抜きを使い、ムダ毛を抜くのはやめておきます。自己処理では脱毛期間に、毛抜きでムダ毛を処理する行為も、やめておくことの一つになります。

エステの光脱毛は、エステで施術をしたら、毛の方で勝手に抜けてくれるので、毛抜きは使わないで大丈夫です。

ミュゼで親切な施術を受けたあと、激しいスポーツをするのも向いていません。脱毛サロンで脱毛を受けてから、そののちの予約でスポーツジムに行ったり、テニスやサッカーにプールなど、思い切り体を動かす予定は入れないことです。

血流が良くなると肌に赤みや問題が起こりやすい

スポーツは良いストレス発散にもなりますし、ダイエットのためにも良いものですが、脱毛直後は体温が上がるのでやめておきます。

脱毛を受けて肌に何も見当たらなくても、内部は炎症が引き続き発生しています。スポーツで血液の流れを良くすると、肌にひりひり感が出たり、赤みが出たり、問題が起きやすいからです。

いつもであればスポーツで汗をかくと、気持ちが良いと思えるものの、エステ脱毛の後にはスポーツはしないことです。その日はおとなしく過ごすこと、スポーツは肌が落ち着いてからです。