脱毛をするとなれば、大体20代半ばぐらいから30代の女性が行っているというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

平均年齢としては一番多いのはその年代ですが、段々と若い世代でも脱毛に興味があるという声が大きくなっています。

少しずつサロンやクリニックでも中高生に向けたメニューを展開しつつあるので、平均年齢は下がってきている印象があります。

まずは契約時に費用の準備ができるかどうか

ただし、10代が脱毛をしようと思うと、それなりに考えておかなくてはいけないことが幾つかあります。一番は費用です。

やはり大人でも大変だと思うような金額を子供が準備するのは大変です。脇などの定番部位であればワンコインでできるようなお店もあるのですが、全身をやりたいと思うと相当な金額でお小遣いやお年玉でどうにかできるような金額ではないので注意しなくてはいけません。

また、契約を進めようとしても未成年の場合は親権者の同意が必要になってくるので、自分の思い通りに契約をするということもできないので注意しておきたいものです。

脱毛に通っている平均年齢は20代~30代頃の方がメイン

脱毛をしている年代は様々ですが、基本的には20~30代ぐらいの間の年齢で施術をしている方が多いです。

これぐらいの年代であれば自分でお金の準備もできますし、移動手段なども確保できるのでお店にも行きやすいからでしょう。

子供でも脱毛をするような時代になってきていますので、もしも相談をされたときには親身になってあげられるように話を聞いてあげると良いでしょう。

19歳の女性が脱毛する場合に気を付けたいこと

19歳の女性がムダ毛を脱毛したいと考えたときに、エステティックサロンに通うか美容外科や美容皮膚科などのクリニックに通う選択肢がありますが、どちらにもメリットがあります。

エステティックサロンでは広範囲をスピーディーに施術できるメリットがあり、肌に優しいのも特徴です。出力が比較的穏やかな機器を使って施術を行いますので、肌が敏感な方でも受けられる可能性が高いメリットがあります。

カウンセリング無料!小倉の口コミで高評価脱毛サロンランキング

クリニックの医療レーザーの中でも比較的安い「湘南美容外科」

医療機関で受けられる脱毛の施術は、医療レーザー脱毛と呼ばれており、いくつかの機械を使い分けて行われるクリニックもあります。

湘南美容外科はクリニックのレーザーの中でも比較的リーズナブルな価格で全身脱毛が受けられるのが特徴のクリニックです。

トライアル価格から料金設定があるので安心

メニューの特徴としては、パーツごとに受ける施術や全身の施術を行いたい部位に合わせた料金設定が行われていますので、気になる部分から試すことも可能です。

トライアル価格が設定されているので安心です。

未成年の場合、保護者の同意が必ず必要になります

19歳の女性が施術を受ける時には、保護者の同意が必要です。同伴出来ない場合はホームページにある書類にサインをすることで、施術を受けることが出来るケースもあります。

エステティックサロンでは初回は無料カウンセリングが行われるケースが多く、その予約はWEBフォームからとることが出来ます。

契約してからの予約や予約の変更も全てインターネットで行うことが出来るサロンが多いため、スマートフォンからの予約が便利です。

ミュゼは安すぎるけど大丈夫?

ミュゼプラチナムは、数ある脱毛サロンのなかでも特に人気のお店です。その人気の秘訣としてまず挙げられるのが、圧倒的な安さではないでしょうか。

格安キャンペーンが毎月行われているミュゼプラチナム

毎月行われているキャンペーンでは、ワキとVラインを好きなだけ脱毛できるコースに加え、自分の好みのパーツをお試しで脱毛が300円から500円程度でできたり、ワキとVラインのみのセットで200円でできたりとミュゼプラチナムの施術価格はかなり安いです。

通常のエステティックサロンでは、ワキとVラインを脱毛完了させようと思うとこの100倍の値段になったりすることもあります。もちろん価格が安いのはいいのだけれど、これではあまりにも安すぎるのではないかと不安にもなってきますよね。

ミュゼプラチナムでは、どのようにしてこの安すぎる価格を実現しているのでしょうか。

ミュゼプラチナムの低価格を実現出来る理由とは

その理由としては、まず圧倒的に安いのはキャンペーンのもののみということです。キャンペーンでは、ワキとVラインは脱毛完了ができますがその他のパーツはできません。

ですが、一部のパーツを脱毛することで足や腕などの他のパーツも脱毛したくなる方が多いので、利益はそこから得ているのです。また、ミュゼプラチナムでは宣伝活動にも大きな力を注いでいます。

そのため、エステティックサロン界隈のなかでも知名度は抜群で、たくさんの人が会員となっています。大手の企業だからこそ、こういった太っ腹なキャンペーンができるとも言えるのですね。